細胞再生力、除菌力、高保湿力、さらにナチュラルなリカバリング効果

高機能水ジェル【バッサ】
バッサは水の最先端技術の研究から生まれた素肌のための自然治癒誘導体です。 水の75,000倍もの水素イオンが細胞レベルで水分補給を行いセラミドやコラーゲンの形成を助けます。

スキンケア安心100%見つけました。
詳しくはこちらの→高機能水ジェル【バッサ】 のホームページをご覧ください。 お年寄りから子供まで敏感肌(アトピー)の方でも安心して使えるスキンケアです。

2006年06月29日

自律神経出張中

 昨日面白いサイトを見つけた。
 このサイトではアトピーの原因はこれだと断言されている。
 しかし、因果関係を示す他のサイトは、私は見つけられなかった。
 だが、これがアトピーと関係しているのは確かだと思う。

 ちなみにそのサイトは→これです。

自律神経とアトピー
 アトピー患者の要因として皮膚科のサイトに見やすくあげられている表を見つけた→資料1
 そして自立神経の症状をまとめた表が掲載されているのは→資料2
 因果関係ははっきりしないけど、自律神経失調症はアトピーと深く関与していそうだと、私は思いました。

 なぜなら・・・

(  ̄∇ ̄)σ=σ[]banner_04.gifいつも応援ありがとうございます。
元気の元なので協力してくださいね!!!順位転落中・゚・(ノД`;)・゚・
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ☆
 自律神経失調症にあげられている項目と自分の症状は、がっちり一致することに気がついたのです。
 私の自律神経はどうやらどこかに出張中のようです。

自律神経失調症について
 はっきり言うとこれ正式な病名ではないらしいですね。
 病気に区分けされるとうつ病、パニック障害、心身症なんての病名になります。
 アトピーと共に最近増えている物は、軽うつ病なんてのも聞きます。
 まーそれ以外に生活習慣病も増えていますが、アトピーも言うならば生活習慣病なんですよね。

私の症状はがっちり
 微熱が出やすく発汗が悪いほてりも感じるし、便秘にもなりやすく何よりも倦怠感がすごい、最近では少しのことでもイライラし始めています。
 それ相応の病院に行けばばっちりうつ病と診断されるでしょう。
 行く着はないけど・・・。
 アトピーの上うつ病と診断された方がストレスだと思うし。
 思えば度重なる引っ越しなので自分の中にストレスが思いの外たまっているのだと思いました。
 そのストレスを認めると思いの外ホッとすることがあります。
 自分を見つめる上でブログって結構良いもんだと再認識しました。

自律神経の治療とアトピー治療って
 自立神経の治療と今までコニーさんの所や他のサイトで目にした治療法は、ほとんど一緒な気がします。
 ストレスや生活リズムの改善、栄養バランスです。
 後は前向きになること、運動すること・・・。
 少なくとも自立神経がしっかりしてくれば、アトピーにも良好と言うことでしょう。
 今後はもう少しそちらにも目を向けて行くつもりです。
posted by 猫又 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(2) | アトピーの原因? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりアレルギーには、自律神経が重要なんですね!
それなら!一押しは”爪もみ”です^^v
自律神経が集中してるので、押せば効果的らしいですv

私は毎晩2分くらいやってますvv
何しろタダですから!!(笑)
Posted by murasan at 2006年06月29日 20:43
murasanさんへ
 自立神経が異常な私・・・。
 アレルギーの問題がそこから来ていると言われると納得いく点も多いきもしますね。
 なにかとストレスが多い社会だし。
 赤ちゃんからダニ多いクーラーの効いた部屋にいるから、神経まいっちゃうよね。
 爪もみやってみようかなー。
Posted by 猫又 at 2006年06月30日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20004543

この記事へのトラックバック

ストレス攻略ガイド
Excerpt: ストレスの基本知識やコラムやストレス解消法が満載のサイトです。
Weblog: ストレス攻略ガイド
Tracked: 2006-06-29 16:07

アレルギーの理論と実践
Excerpt:  一応、でじたる書房でVer0.3を掲載 本に関する情報、説明紹介文  なぜ現代においてアトピーやアレルギーの患者が増加しているのかについて、アトピーやアレルギーの現状から、原因を推理しま..
Weblog: アレルギーの理論と実践
Tracked: 2007-03-29 05:15