細胞再生力、除菌力、高保湿力、さらにナチュラルなリカバリング効果

高機能水ジェル【バッサ】
バッサは水の最先端技術の研究から生まれた素肌のための自然治癒誘導体です。 水の75,000倍もの水素イオンが細胞レベルで水分補給を行いセラミドやコラーゲンの形成を助けます。

スキンケア安心100%見つけました。
詳しくはこちらの→高機能水ジェル【バッサ】 のホームページをご覧ください。 お年寄りから子供まで敏感肌(アトピー)の方でも安心して使えるスキンケアです。

2006年04月05日

病院選び

私は病院は嫌い

  医療の信用もしていないなんて事はないのですが、信用して大丈夫?と不安はありますよね。
  医者も高圧的な人もいるけど、何より自分が縮み上がってしまいます。
  まさに借りてきた猫状態です。

  主人にはいつも「何で病気してるのに医者行かないの」としかられてます。

  まー風邪ぐらいで行かなくてもいいよと思うことは多いのですが、アトピーに関して言えば、安心して通える雰囲気の医者に今回初めて会えた気がします。


言いたいことは紙に書け
  そしてもう一ついつも私が主人に言われることは。
  「聞きたいことは前もって紙に書け」と言うことです。

  そういえばこんな事をテレビでも言っているような気がします。


  患者力です。
  ものすごく私に足りないことです。

(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへポチッとな
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ☆
患者力とは
  ネットで検索すると下記の文などを目にしました。
 参考サイト
  「患者力 弱気な患者は、命を縮める」 南淵明宏
著書「患者力
icon
  簡単に言うと、良い病院良い医者の選び方です。


いい病院の条件
 1.情報公開に積極的。
   ホームページなどで積極的に情報を公開している。
 2・電話受付の態度が親切。
    状況をちゃんと聞いて、親切に教えてくれるかをチェックする。
 3.医師が、同じ大学で占めていない
   同じ医局や大学出身の医師は、意識が内向きで広く高いレベルへ
   の追求に欠けている。
 4.患者の会など口コミでの評判がいい
   自助グループの患者の会や、自分と同じ病気の話を聞いてみる。


いい医者の条件
 1.看護師などの評判がいい
 2.丁寧に診察し病状をしっかり説明してくれる。
   なおかつ選択肢を持たせてくれる。
 3.検査結果のデーターや手作りのパンフレットなどを手渡してくれる。
 4.直感で相性がいいと感じる。

以上のことが大事なようです。

 病院選びは自分力も大事ですよね。

 関連著書
  医者が教える患者力
icon 著者:山口喜久雄
 最良の治療を引き出すために知っておきたい医者の本音!

  「患者力」で選ぶいい病院
icon 著者:伊藤隼也
posted by 猫又 at 14:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜早速来ましたよ☆

病院選びってなかなか難しいですよね。
人が良いって言ったからって自分にも良いとは限らないし・・・
私も、聞くこと紙に書いていってみよう・・・
頭真っ白になって聞くこと忘れちゃうから。(_ _;)

シーサー、使い心地はいかがですか?
Posted by すいか at 2006年04月05日 17:49
こんばんは!^^
うちは、子供がアトピーなので難しいのよね。まず小児科にするか皮膚科にするか悩むのよ。最後は、かかりつけの小児科だったけれど 今は、ほとんど病院行ってません。今は、自分なりに考えて対応してます。夏や秋頃になれば 良くなる事もわかっているし 軽いほうだからかもしれないけれどね。病院選びは、なかなか難しいよね。
Posted by ぽぽまる at 2006年04月05日 19:50
すいかさんへ
シーサーいまいち使い方分かんない。
とか良いながら、何処言ってもそれは言うだろうけどね。

医者には威圧感のある人が多いよね。
まー自分が縮んでるのもあるけど。
特に子供の時は、症状を事前に紙に書いていくのが良いかもね。
Posted by 猫又 at 2006年04月07日 11:26
ぽぽまるさんへ
 子供の場合は自分じゃないので管理するのも大変ですよね。
 病院は今回の選び方は主治医選びって感じでしょうか。
 行くならやっぱり専門医かなー。
Posted by 猫又 at 2006年04月07日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16176091

この記事へのトラックバック