細胞再生力、除菌力、高保湿力、さらにナチュラルなリカバリング効果

高機能水ジェル【バッサ】
バッサは水の最先端技術の研究から生まれた素肌のための自然治癒誘導体です。 水の75,000倍もの水素イオンが細胞レベルで水分補給を行いセラミドやコラーゲンの形成を助けます。

スキンケア安心100%見つけました。
詳しくはこちらの→高機能水ジェル【バッサ】 のホームページをご覧ください。 お年寄りから子供まで敏感肌(アトピー)の方でも安心して使えるスキンケアです。

2006年07月31日

朝シャワーのパワー

 汗は乾くとラップ上になり皮膚と汗のラップの間にバクテリアが発生、時間を追うごとに爆発的に増加していく・・・。
 この説明がされているサイトに朝シャワーを勧めていましたので、私も毎朝早速シャワー開始したのですが、それを見た主人に

 「朝シャワーは心臓に負担がかかるよ、俺の知り合いがそれで亡くなった人もいるから・・・」

 不安になって早速検索開始したところ、正しくやれば効果はいろいろ正しいシャワーの浴び方?(笑)多数発見しましたので、今日はそれをまとめていきたいと思います。
 朝のシャワーは特に低血圧の人に効果絶大のようです。
 ちなみに私も低血圧です。

朝シャワーのコツ
・湯温は41〜42℃
・たっぷりのお湯で勢いよく
・末端から徐々に中心へ(手足の先から)
・時間は3〜5分長くても10分以内(のぼせます)
・冷水でツボを刺激するとシャキッと体が目覚める

高血圧な方の危険
 高血圧の方が危険なのは脱衣所とお湯の温度差にあります。
 急激な温度変化に血圧が急上昇し、心臓に負担がかかります。
 朝シャワーでも急に心臓などの位置に当たる胸当たりから浴びると、心臓に負担をかけるので末端から浴びる用にします。
 小学生のころプールに入る前足先など徐々に水をかけて入りましたよね、それは体に負担をかけないためなのです。

それでは朝シャワーの効果を説明していきたいと思います。
っとその前に

(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
ランキング急降下中・゚・(ノД`;)・゚・「助けてくださーい」
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ☆

続きを読む
ラベル:夏バテ
posted by 猫又 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 入浴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

最近の記事について

 私の書くサイト見に来ている友人にこんなツッコミを受けました。
 「最近の(ここ)とか(資料1)は辞めた方がいいんじゃない」って事です。
 最近私ブログの資料の題名をいちいちコピペするのが面倒になり、省略していたのですが、友人から怪しく見えるよと指摘をされました。
 言われてみて読み返すと確かに怪しく見えますね。
 私のことをよく知らない人がこのサイトを見たとき、いったい何処に飛ばされるやらって思って押したくても、押しにくいことに気がつきました。

 これじゃみなさんに役立つかもの志が意味ない・・・。

 今後より又改めて資料1などの省略でなく、出来るだけサイト名入れていきます。
 読みにくくてごめんなさいです。
 以後気をつけますね、ちなみに今まで書いてる文で怪しいところに飛ばすような資料は一切掲載していません。
 今後自分が忘れたときに読み返すつもりでこのブログを制作しています。
 安心して読んでください。

posted by 猫又 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

経皮毒総集編

 ずいぶん立ってしまいましたが、総集編です。
 自分の中で調べ尽くし、結論が出た感じだったのでまとめるのが正直めんどくさくなってました。
 もう辞めようかなーなんて・・・。(笑)
 でも期待して待ってくれている人がいるかもと思い今日総まとめです。

経皮毒
 まずは見てほしい資料、以前にも紹介しましたが
 資料1←ここを見れば何が危険で今地球で何が起きているかを感じることが出来ます。
 生活排水が海を汚すほとんどの原因となっていますが、よくよく考えれば企業が消費者に危険性を知らせない結果ですので、家庭から流れる工場排水ともいえるのではと、私は考えます。
 知らないで使わされる、CMでは本当によく見えるそれらを使って家庭排水の責任を問われるのも何だかなーって感じですよね。
 そういえばエコライオン、CM変更されましたね。
 環境に優しい洗剤から→環境に配慮した洗剤へ。(笑)

 用はCMに騙されるなって事ですよね→資料2
 危険な物を見分けるために自分でも勉強しないと家族に毒をもる事になります。しかしすべてを調べるのは無理です。
 日々化学物質は生み出されているからです。
 しかし経皮毒をさけるには、接触しない事が一番です。
 資料3←せめてここに書かれてる物は心にとめて、買う前にチェックする事を習慣にすれば日々の生活がより安全になるってことですね。
 はっきり言ってあげていくときりがないし、それをすべて回避するのはほとんど不可能に近いことです。
 100%安全は無いでしょう、たとえるなら無農薬野菜でも土壌がすでに汚染されている地球また雨もすでに汚染されている、その上化学肥料やっている物よりも、無農薬をえらびましょうねってことです。
 気にしすぎれば食べられる物は存在しません。
 

(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ☆

続きを読む
posted by 猫又 at 12:10| Comment(4) | TrackBack(0) | アトピーの原因? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

お詫び

 前回朝にシャワーをすると良いと書きましたが、正しい方法でしないと心臓に負担かけることが分かりました。
 高血圧の方は急激な体温変化に耐えられず、最悪の場合死に至る場合があることが分かりました。
 しかし正しい方法で入浴すると、目覚めの効果や交感神経に働きかける事が出来たり、リンパマッサージの効果も得ることが出来ることも分かりました。
 ちゃんとした情報にまとめ上げるためしばらく勉強したいと思います。

 正しい入浴法として改めて更新しますのでしばらくお待ちください。
posted by 猫又 at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 対策・改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

夏バテ突入

 久しぶりの投稿です。
 最近早くも夏バテに突入している猫又であります。
 それに加え来客数の減少、ランキングの順位低迷・゚・(ノД`;)・゚・で元気とやる気が失われています。
 そんな時このブログ立ち上げて以来の初めての方からコメントが入りやる気を取り戻しました。
 ちなみにこの回です。→ここ
 いつもコメント入れてくれる人はいるのですが、長い付き合いなので寂しがりの猫又のために入れてくれるんだろーなーと思うと、それも申し訳ない感じで・・・。
 テンション下がっていたところ何で本当に嬉しかったです。
 つたない記事でも人の役に立てる事があると思うと、テンションアゲアゲです。
 いつも読んでるけどコメント入れてない人とかいたら気軽に入れてください、私の大きな原動力です。ついでにポチもお・ね・が・い!


(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ☆

 そろそろ経皮毒総集編を書き上げてしまう予定でしたが、自分自身の体の不調も感じますので先に夏対策の話をしようと思います。

 まずは夏と言えば汗ですね・・・。

続きを読む
ラベル:夏バテ
posted by 猫又 at 01:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 夏対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

経皮毒・ステロイドも共に

 肌への吸収率
 資料1を見ていただけるのが早いと思いますが、これはステロイドの吸収率です。
 経皮毒もこれと同じで肌が柔らかいところから吸収されやすいことになります。資料見た方が勉強になると思いますが、開くのが面倒な方のために
こんな感じです↓
部位 倍数(腕の吸収率を「1」とした場合)
頭皮 3.5
額 6.5
頬 13
首 6
腕 1
腋 3.6
背中 1.7
性器 42
足首 0.42
ちなみにここのサイトには書かれ言いませんが口の粘膜の吸収率が一番高いです。皮膚の13倍とも言われてます。それなのに危険な歯磨き粉を使っていた私・・・。

 こうしてみると今の医師の指示の方が正しいと言うこと出てすね。
 現在の医師にかかる前の医師からの指導では、首にも強いステロイド(マイザー軟膏)を使用していました。
 吸収率が良いのに強いステロイドを使うと悪いから顔には使わないステロイドを、首はこの表見ても額と大差ないのに体用を使うのは確かにまずいです。

 現在経皮毒アトピーの原因とされてる根拠として・・・

(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ

続きを読む
posted by 猫又 at 15:48| Comment(6) | TrackBack(1) | アトピーの原因? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

胎児も危険

 前回の続きです。

 界面活性剤事態は石鹸にも使われています。
 それについては危険性はありません。
 危険とされているのは合成界面活性剤です。

合成界面活性剤
 界面活性剤は水と油を結合させる物です。
 洗剤や化粧品・シャンプー・リンスなどありとあらゆる物に使用されています。
 石鹸に使われている、界面活性剤は水に触れるとその作用は失われますが、合成界面活性剤は水に触れても作用は失われず、さらなる結合を求め皮脂や等も結合していきます。
 洗剤で洗い物をすると終わったときにパサパサするのはそのせいです。
 界面活性剤には皮膚障害、内臓障害、他発ガン性がある物もあり、環境汚染の問題もあります。
 その浸透性は1000モル以下の物など低分子の物が多く、ポリエチレングリコールなど平均分子量600以下の物もあり、皮膚には易々と浸透します
 界面活性剤の種類今や1000以上と言われます。
 資料1←成分表に潜む毒性
 

 
(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ
続きを読む
posted by 猫又 at 11:35| Comment(3) | TrackBack(0) | アトピーの原因? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

経皮毒について

 今日はついに経皮毒の話です。
 上手くまとめられるかなー・・・。

経皮毒とは?
 読んで字のごとく経皮毒とは「皮膚を経て入る毒」のことです。
 それに対して、口から入る毒は口径毒といいます。

経皮毒が最近騒がれているのはなぜか?
 口径摂取された物は肝臓で解毒(分解)され、その90%以上が1週間で体外に排出されます。
 それに対して皮膚から吸収された物は解毒機能もないので、ダイレクトに毒が血管やリンパ管に入り体中に流れていきます。
 それと同時に皮下組織にそのまま蓄積されます。
 その排出量は一週間に10%とほとんど排出されません
 排出されない毒まみれの日用品を毎日使用して、蓄積しているわけです。
 
(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ  ブログ村いつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ続きを読む
posted by 猫又 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(2) | アトピーの原因? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

プロトピック安全の根拠?

 プロトピックについて発ガン性があると以前紹介しましたが、現在使用中の方に不安をあおってしまったのではと少々の心配になりましたので、その安全の根拠とされる部分をクローズアップしてみたいと思います。

お肌の構造
 資料1お肌の基本構造等はこちらに載っています。
 以前コラーゲンなどで聞いたことあると思いますが、浸透するか否かが議論されているのを覚えているでしょうか?
 コラーゲンは分子量が大きくて肌に浸透していきません。
 重要なのがこの表です。

yuugai6_4.gif

 皮膚の分子量は3000モル、細胞の分子量は800モル、血管の分子量が100モルです。
 そしてこの数値よりも小さい分子量は肌の奧まで浸透していきます。


(  ̄∇ ̄)σ=σ[]人気blogランキングへ健康ブログいつも応援ありがとうございます。
☆ォ願ィ★ 人´∀`*)(*´∀`人 ォ願ィ
 続きを読む
posted by 猫又 at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 薬の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする